クラウドファンディングの手数料ってサービスでどれくらい違うの?日本、海外でまとめてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

クラウドファンディングはプラットフォームによって手数料が違うってご存知でしたか?

投資型や融資型のクラウドファンディングにおいては基本的に口座開設・維持・取引の際の手数料は無料のプラットフォームが多くなっており、運用していく中で利益が出た際に、営業者報酬として運営手数料を徴収する形を取っています。

今回は国内・海外の主要なクラウドファンディングプラットフォームの手数料を見ていきたいと思います。

国内

購入型クラウドファンディングの手数料

Readyfor  : 調達額の17%(決済手数料を含む)
Makuake : 調達額の20%(決済手数料を含む)
CAMPFIRE  : 調達額の5%(決済手数料を含む)
MotionGallery  :  調達額の10%(クレジットカード決済手数料含む)
GREENFUNDING by T-SITE : 調達額の20%(クレジットカード決済手数料含む)
WESYM :  調達額の20%(決済手数料を含む)
FAAVO : 調達額の10-20%(クレジットカード決済手数料含む)
チケット購入型クラウドファンディングENjiNE:調達額の20%(クレジットカード決済手数料含む)

寄付型クラウドファンディングの手数料

JAPANGIVING  : 寄付金額の15%(決済手数料を含む)
ふるさとチョイス : 自治体からサイト運営会社に約2割が手数料として支払われるが、公表されていない。

投資型クラウドファンディングの手数料

Crowdcredit : 基本手数料無料。振込手数料のみ。
AQUSH : 営業者報酬として、その月の前月約定返済日現在の貸付金残高の0.125%に相当する額を毎月徴収。但し初回は、貸付契約額の0.125%に相当する額を徴収。振込手数料は投資家負担。

融資型クラウドファンディングの手数料

みんなのクレジット :  基本手数料無料。振込手数料も不要。
トラストレンディング :  基本手数料無料。振込手数料も不要。
ラッキーバンク : 基本手数料無料。振込手数料のみ。

 

海外

購入型クラウドファンディングの手数料

kickstarter : 調達額の5%(決済手数料を含まない)
indiegogo : 目標金額に到達した場合は調達額の4%/到達できなかった場合は調達額の9%

寄付型クラウドファンディングの手数料

GoFundMe : 調達額の5%(決済手数料を含まない)
JustGiving : 調達額の5%(決済手数料を含まない)

投資型クラウドファンディングの手数料

Lending Club : 借り手からはスキーム組成に関わるコストとして1-4%、貸し手から仲介手数料として1%、合計4-5%を徴収。
Wefunder : 成功報酬10%と投資家から25-75%の手数料を徴収。
Zopa : 借り手と貸し手からそれぞれ貸付額の0.5%を徴収。

融資型クラウドファンディングの手数料

SoFi  : 基本手数料無料。

購入型・寄付型・投資型・融資型といったクラウドファンディングのタイプについてはこちらの記事を参考にしてください。

クラウドファンディングとは?

いかがでしたか?

今回は国内/海外のクラウドファンディングサイトにおける手数料をご紹介しました。
ちなみに、ENjiNEの手数料は国内では決して低くはないですが、
クラウドファンディングの起案から公開までのスタッフのサポート、告知やアプローチなど
業界最高水準を誇るプロジェクト成功率でプロジェクトオーナーの方をサポートします。
気になった方はぜひクラウドファンディング ENjiNE 6つの特長をご覧ください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

クラウドファンディングであなたの想いやアイディアを実現してみませんか?

クラウドファンディング「ENjiNE」は、あなたの想いやアイデア、事業プランなどを、プロジェクトとして公開し、プロジェクトに魅力を感じる賛同者(ファン)と資金を事前に集めることができる、世界初のチケット購入型クラウドファンディングサービスです

世の中でまだ実現していない新しいサービスや商品を生み出そうとしている人(プロジェクトオーナー)がプロジェクトを掲載し、そのプロジェクトに関連するサービスや商品を受け取る権利をチケット形式で販売しています

クラウドファンディングENjiNE を見る

SNSで最新の情報を受け取る