クラウドファンディングのアニメ関連プロジェクト事例/成功例まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

今回はクラウドファンディングのアニメ関連プロジェクト事例について考察していきます。日本文化のひとつでもあるアニメーションは、近年海外でも人気を博しており、アニメを目的に来日する人も多いほど、その影響力は凄まじいものとなっています。そんなアニメのなかに、クラウドファンディングを活用して制作されたものがあるので、いくつか紹介していきます。

オタキングとホリエモンとあなたがつくる。みんなのアニメプロジェクト!

2016年、アニメ制作会社「ガイナックス」を立ち上げた、“オタキング”こと岡田斗司夫と、“ホリエモン”の愛称で知られる堀江貴文がタッグを組み、クラウドファンディングプラットフォーム・CAMPFIREを通じて、アニメ制作プロジェクトが始動されました。

3分~10分程度のショートフィルム制作と早期段階で決まっていたため、目標額も150万円と比較的チープな設定ではありましたが、作り手である2人のブランドの影響もあり、募集3日目の時点で目標額を上回り、最終的には募集期間2ヶ月で、234人から567万円を集めました。

クラウドファンディングといえば、出資者が資金を寄付したり、金利リターンや物品報酬を得るケースなどが主ですが、本プロジェクトは一味違っており、「出資者と共にアニメーションを制作していく」方針を打ち出しました。10,000円以上の出資者は、制作チームのメンバーに加入することができたり、さらには主題歌オーディションに参加する権利がもらえたりと、他のクラウドファンディングにはない魅力的なリターンが、200人以上の協力を実現し、プロジェクトを成功へと導いたのです。

プロジェクトURL:https://camp-fire.jp/projects/view/694
『みんなのアニメ プロジェクト』公式サイト:http://minnanoanime.com/

Dies irae アニメ化プロジェクト

Windows用ゲームソフトとして制作された『Dies irae』は、かねてより高評価を受け、発売から10年ほど経った現在も売り上げを伸ばし、近年ではドラマCD化、CS化もされている人気作品です。そんな『Dies irae』は2015年に、クラウドファンディングを活用した『Dies irae アニメ化プロジェクト』を立ち上げることとなり、目標金額の3,000万円を募りました。

なぜクラウドファンディングを利用したのか。それはユーザーがアニメ化を心から望んでいるかというニーズの確認・検証、加えてより高いクオリティで作成したいという想いによるものでした。

実際に開始したところ、わずか4日間で目標額はクリアし、最終的に約1億円と多額の資金調達に成功を収めました。その背景にはいくつか理由があり、まず購入型クラウドファンディングには不可欠な物品報酬が豪華だということです。『Dies irae』のイラストが描かれたオリジナルTシャツや、完成されたアニメの台本など、ファンには特に嬉しいものばかりでした。またユーザーうをはじめ、多くの人からアニメ化を希望する声が募ったため、その分皆の支援や協力も増えたといえます。

プロジェクトURL:http://www.light.gr.jp/light/products/dies_anime/
TVアニメ『Dies irae』公式サイト:http://diesirae-anime.com/

クラウドファンディングのゲーム関連プロジェクト事例/成功例まとめ

片渕須直監督による『この世界の片隅に』(原作:こうの史代)のアニメ映画化を応援

2016年秋に公開された片渕須直監督の『この世界の片隅に』は、企画段階から6年以上費やし完成されたアニメーション映画です。片渕さんは本作品の制作を懇願し、さらに舞台となっている広島を中心にアニメ化を希望する声が多かったものの、制作費の資金調達の目処が立ちませんでした。そこでプラットフォーム・Makuake通じて、パイロットフィルムの制作を目的にクラウドファンディングを始めたのです。

すると当初2,000万円の目標金額だったところ、最終的には3,912万円と倍近くの金額に上り、支援者は3,374人という結果になりました。これは当時の国内クラウドファンディングの最高人数を記録し、また映画部門に関して言うと歴代最高額の出資額を達成しました。

公開当時は63館のみでの上映でしたが、徐々に規模は拡大していき、年明けには公開館数がおよそ200館と、ミニシアター系映画としては異例とも言えるほどのヒットを記録しています。興行収入は26.7億円(2017年末時点)で、総制作費の10倍以上の業績を誇り、ブルーリボン賞をはじめ数々の賞を受賞しました。

『この世界の片隅に』は、日本のみならず海外でも上映が行われており、2017年末時点で、アメリカ、イギリス、韓国など計39ヶ国で公開。2018年からアフリカ、南米、東欧などを中心に、全22ヶ国で上映されています。また、今後もブラジルやイランなど、計5ヶ国での上映も予定されているようです。

プロジェクトURL:https://www.makuake.com/project/konosekai/
劇場用長編アニメ『この世界の片隅に』公式サイト:http://konosekai.jp/

TVアニメ「少年ハリウッド」第26話を完全版にさせたい!応援プロジェクト

橋口いくよ原作の『少年ハリウッド』は、第1期『少年ハリウッド -HOLLY STAGE FOR 49-』(2014年)、第2期『少年ハリウッド -HOLLY STAGE FOR 50-』(2015年)とシリーズものアニメとしてそれぞれ放映されてきました。そんな第2期最終話(26話)の完全版制作のために、クラウドファンディングサイト・Makuakeにて資金調達が行なわれたのです。

逢坂良太、蒼井翔太、小野賢章など、今をときめくイケメン声優たちが出演しているということもあって、本プロジェクトは目標額の1,500万円をはるかに超える5,958万円を集めることに成功。これはMakuake史上最高額の支援金額であり、過去最大のアニメプロジェクトとしても記録に残っています。なお、7月22日より募集が開始された今回のプロジェクトは、7月26日の時点ですでに1,500万円を超え、8月21日には2,000万円、11月13日には3,000万円、11月27日には4,000万円、11月28日には5,000万円、11月29日に5,958万円を集め募集終了といった流れであり、募集期間に終わりが見えてきた11月の中旬からラストスパートをかけてきたあたりが、他のプロジェクトとは異なる業績を生み出す結果となりました。

『少年ハリウッド』とMakuakeのコラボはこれだけに留まらず、2017年には「少年ハリウッド エンブレムペンライト完全版」プロジェクトで10,652,820円、2018年には「少年ハリウッド第26話完成披露上映プロジェクトで6,725,000円の資金調達に成功しており、第1弾から毎年プロジェクトが行われています。2019年にはどんなプロジェクトが実施されるのでしょうか。

プロジェクトURL:https://www.makuake.com/project/shohari26/
TVアニメ『少年ハリウッド』公式サイト:http://king-cr.jp/special/shonen-hollywood-anime/

山本寛オリジナル作品「薄暮」アニメ制作プロジェクト

『bloosom』や『らき☆すた』でおなじみのアニメ監督・山本寛は、CAMPFIREを通じて、新作オリジナルアニメプロジェクト『薄暮』で資金調達を行ないました。『薄暮』は、福島県いわき市を舞台にした「いま」を生きる少年少女たちの物語であり、2018年中には公開予定です。

山本さんは2017年2月からCAMPFIREで支援者の募集を開始しましたが、山本作品のファンが多いこともあり、支援者は続々登場し、1,225人から2,103万円の支援金を集めることに成功しました。この吉報には山本さん本人もTwitter上で「みんなありがとう!!」と色紙に綴った写真をアップしています。

プロジェクトURL:https://camp-fire.jp/projects/view/11715

Little Witch Academia 2

2013年3月に文化庁による若手アニメーター育成事業「アニメミライ2013」の参加作品としてスタートした『リトルウィッチアカデミア』。YouTubeでの公開後、ファンから続編を望む声が募り、『リトルウィッチアカデミア2』を始動。日本発のプロジェクトとして、アメリカの大手クラウドファンディング・Kickstarterにて成功を収めました。

募集開始からわずか5時間ほどで目標金額を上回り、約8,000人の支援者から、およそ7,000万円もの資金調達に成功。この成功のおかげで、当初20分を予定していたアニメの尺は、倍の40分に変更されました。なお、ここまでの成功を収めた理由には、YouTubeで前作を配信し話題づくりを実践したことや、ネット上で継続的に行なってきたファンとの交流、プロジェクトスタートに合わせたアメリカでのファンイベントなどが挙げられています。

プロジェクトURL:https://www.kickstarter.com/projects/1311401276/
TVアニメ『リトルウィッチアカデミア』公式サイト:http://littlewitchacademia.jp/tv1st/

「クドわふたー」劇場アニメ化プロジェクト

ビジュアルアーツのブランド・Keyが手掛けるPCゲーム『リトルバスターズ!』シリーズのスピンオフ作品として誕生した『クドわふたー』のアニメ化を目指すプロジェクトが、クラウドファンディングサイト・CAMPFIREにて立ち上げられました。『クドわふたー』は、宇宙飛行士になることが夢のヒロイン・能美クドリャフカと、賑やかな青春生活を送る主人公・直枝理樹が繰り広げる“夏休み”の物語を描いたスピンオフ作品で、2007年に発売された『リトルバスターズ!』の10周年記念プロジェクトの1つとして行われました。

このプロジェクトは開始からわずか2日で3,000万円に達し、約20分のOVA制作が早くも決定。その後はストレッチゴール(段階的目標)を設け、よりボリューミーかつハイクオリティーな作品を目指すため、資金調達は継続したところ、200%(6,000万円)達成も叶い、最終的に78,047,044円もの資金調達に成功しました。また、海外向けにもクラウドファンディングが行われ、こちらも開始から5日間で300万円に到達、終了時にはおよそ900万円を集めました。

『クドわふたー』は、CAMPFIREのアニメの中で最高額を集めたプロジェクトであり、今年3月には、CAMPFIRE AWARDを受賞。現在、同アニメは2019年秋の公開を目指して制作が行われている最中です。

プロジェクトURL:https://camp-fire.jp/projects/view/36314


※2018/01/23追加

イケメン達を地上波で流そう!『学園ハンサム』TVアニメ化プロジェクト

サークルチーム「欲求腐満」が制作した恋愛アドベンチャーゲーム『学園ハンサム』が、テレビアニメ化に向けて、クラウドファンディングサイト・Makuakeにて出資を募りました。目標額200万円達成で、2016年10月から1クール(3ヵ月)地上波放送を予定した本プロジェクトは、開始5日で目標額を上回り、最終的に692万円を集めることに成功。

346%達成した『学園ハンサム』は、それぞれのキャラクターを生かしたLINEスタンプを制作したり、放送地域を拡大して、TOKYO MXのみならず、BSフジでの放送も決定したりと、追加のストレッチゴールもクリアしました。さらに、リワードには、アニメの舞台である薔薇門高校の学生証や、ビジュアルファンブック、サイン入り台本と、原作からのファンには特に嬉しい特典が多く用意されています。

プロジェクトURL:https://www.makuake.com/project/animehandsome/
TVアニメ『学園ハンサム』公式サイト:http://penet.co.jp/animehandsome/

あの伊勢志摩の海女萌えキャラ『碧志摩メグ』アニメ制作プロジェクト!

伊勢志摩の海女萌えキャラ「碧志摩(あおしま)メグ」の活動を幅を広げる目的で、声や動きを与えたアニメPVを制作するプロジェクトが立ち上げられました。「碧志摩メグ」は、自然に囲まれた三重県伊勢志摩の伝統産業であり、全国的に後継者不足で衰退しつつある海女業の活性化と、地元・伊勢志摩地域をもっと盛り上げたいという想いから生まれたご当地キャラクターです。

キャラクターの描写が性的で女性蔑視に当たり、海女の信仰心を踏みにじっているとして話題になったキャラだけに、アニメ化計画が発表された途端、出資者が集まり、目標額より300万円以上も多い、7,158,000円の資金調達に成功。アニメ化にあたり、声は、三重県出身の人気女性声優・小松未可子がつとめており、また、主題歌も担当しています。

プロジェクトURL:https://www.makuake.com/project/aoshimamegu/

Key『planetarian』フル3D VRアニメ化

ビジュアルアーツのゲームブランド・Keyが制作したコンピュータゲーム『planetarian〜ちいさなほしのゆめ〜』は、発売から10年以上経った2016年に、ファン待望のアニメ化を実現し話題を呼びました。そんなアニメ化1周年を祝して、本編で語られた星空の素晴らしさを、さらなる臨場感で伝えることを目指し、フル3D映像そしてVR動画という新たな挑戦で、『planetarian』本編でもお馴染みの、ほしのゆめみプラネタリウム投影シーンを描くプロジェクトが実施されました。

『planetarian~ちいさなほしのゆめ~』内にある屈指の名シーンで、『ほしのゆめみの星空解説』の一部が、VR映像として投影され、フル3D化アニメのVR動画で360度の星空を再現し、劇中で屑屋が体験したような世界が描かれる予定。キャラクターのビジュアルと動作を再現した最新鋭の3Dモーションキャプチャーシステムを採用し、ほしのゆめみの表情や仕草を2Dアニメーションと同等の可愛さで表現しています。

プロジェクトURL:https://camp-fire.jp/projects/view/53685
配信・劇場アニメ『planetarian』公式サイト:http://planetarian-project.com/

大森杏子のアニメ化プロジェクト!

アニメーションミュージアムの福島ガイナックスは、仙台市で活躍するバーチャルアイドル「大森杏子」をテーマに、1分間のアニメを制作することを決め、制作資金380万円をCAMPFIREにて募りました。「大森杏子」は、32歳のアルバイターでありながら、永遠の17歳を自称する崖っぷちのアイドルですが、Twitterのフォロワー数が1万3000人を超えるなど、徐々に人気を高めている金髪美少女です。

彼女のさらなる躍進のためにスタートしたこのプロジェクト。目標額は380万でしたが、開始初日で140万円以上の支援金を集め、最終的に10,288,000円を調達。リワードには、アニメ複製原画や、声をつとめた加隈愛のお礼ボイスなどが用意され、上限の40万円を出資した支援者には「アニメ内に1カット本人を登場させる権利」を贈呈しました。

プロジェクトURL:https://camp-fire.jp/projects/view/36991
超アイドル伝説大森杏子公式サイト:http://omorianko.com/

東北ずん子アニメ「ずんだホライずん」制作プロジェクト

東日本大震災をきっかけに誕生した『ずんだホライずん』は、文化庁の「あにめたまご2017」プロジェクトで制作された約30分のアニメで、世界初の”ボーカルシンセサイザー”を使ったミュージカルアニメです。2017年5月にニコニコ動画にて期間限定で無料公開され、同作のパワーアップを主な目標として、クラウドファンディングを通じて「東北ずん子アニメ『ずんだホライずん』制作プロジェクト」が実施されました。

本作は、800万円の目標額を大きく上回った18,090,500円を集めることができ、これによって、第1ゴールの「5.1chサラウンド方式の対応」(800万円)、第2ゴールの「宮城県内の映画館で上映会」(1,200万円)、第3ゴールの「映画館でのノーティス動画制作」(1,500万円)が達成され、計画が進行する運びとなりました。

アニメ『ずんだホライずん』公式サイト:http://zunko.jp/con_ani.html

劇場アニメ『ちびねこトムの大冒険 地球を救え!なかまたち』

1992年に制作されたものの、劇場公開もDVD化もされずに終わってしまったアニメ映画『ちびねこトラの大冒険 地球を救え!なかまたち』。幻となった本作は、制作から20年を経た2012年9月に、大橋学作画監督上映イベントでスクリーンに映し出され、観劇した方々からは、「ソフト化・35mm上映希望」の声が多く届きました。もっと多くの人に観てもらいたいとの応援メッセージにこたえ、「35mm(デジタルリマスター)上映」の実現を目指しプロジェクトが、MotionGalleryにて実行されました。

本プロジェクトは247名のパトロンから約300万円を集め、見事22年越しのロードショーを実現。2014年12月20日から2015年1月18日まで下北沢のミニシアター「トリウッド」で上映され、キャストに、野沢雅子、大塚明夫、山口勝平など、人気声優が揃いました。なお、『ちびねこ』の監督をつとめた中村俊太郎は、プロジェクト達成前の2013年、惜しくも他界してしまいましたが、自身の作品がこうして多くの支援者の呼びかけで上映されたことに、喜びを感じていることでしょう。

プロジェクトURL:https://motion-gallery.net/projects/chibinekotom
長編劇場用アニメーション ちびねこトムの大冒険 公式webサイト:http://chibinekotom.com/

※2018/04/23追加

大人気ファンタジー漫画をアニメに!『IT’S MY LIFE』アニメ化を目指す!

1,200万ダウンロードのコミックアプリ「マンガワン」で絶賛連載中のアットホームファンタジー『IT’S MY LIFE -イッツマイライフ-』著者・成田芋虫先生のアニメ化へのアツい思いに応えるべく、マンガワン完全バックアップのもと、アニメ化プロジェクトがMakuakeにてスタート。

これまで『イッツマイライフ』は、サイン会から始まり、イラスト集つき限定版発売、個展開催など、新人作家にとっては異例とも言えるプロモーションの数々を行ってきました。物語がクライマックスに近づくなか、新たなるプロモーションの形を模索する時に出てきた案が「クラウドファンディングでアニメ化出来たら面白いよね」というものでした。

本プロジェクトは700人のサポーターから約1,000万円の資金調達に成功しています。なお、リターンには、パッケージDVD、エンディングクレジット、2019年カレンダー、描き下ろしカラーイラストなどが送られる予定であり、また、150万円の出資を行うと、『イッツマイライフ』の公式ヒロイン「築500年のお家」の世界に一つだけのフィギュアがもらえるそうです。

プロジェクトURL:https://www.makuake.com/project/itsmylife/

UNDER THE DOG the MOVIE: Live-Action Short and Music Video

Creative Intelligence Artsによるアニメ作品『UNDER THE DOG』。2014年にKickstarterで制作プロジェクトが実施され、1万2,157人の支援者から87万8,028ドル(約9,450万円)を集めました。これはKickstarterで行われたアニメプロジェクトでは歴代最高額となっています。

このプロジェクトは3つのゴールを念頭に構成されており、まず『UNDER THE DOG』の実写映像作品の制作、つぎに声優・瀬戸麻沙美が歌うテーマソングとそのミュージックビデオ制作、そしてこれらの作品を劇場公開することです。

なお、『UNDER THE DOG』は、2018年6月23日(土)から7月6日(金)まで2週間の期間限定で、東京・新宿バルト9、大阪・梅田ブルク7、愛知・109シネマズ名古屋にて上映を予定しています。

プロジェクトURL:https://www.kickstarter.com/projects/
アニメ『Under The Dog』公式サイト:http://under-the-dog.com/ja/

「チェブラーシカ」の監督による新作人形アニメ「ちえりとチェリー」を応援しよう!

オリジナル人形アニメ『ちえりとチェリー』は、2015年にMakuakeで制作費およそ600万円を募った15分間の短編アニメーションです。監督は、2010年版『チェブラーシカ』の中村誠が務め、当時の主要スタッフが集結し、5年にわたる製作期間で完成させた完全オリジナルの新作となっています。

本作は一般のファンだけでなく、業界人からの高評価を得ており、特に『猫の恩返し』で監督を務めた森田宏幸は、「人形アニメーションが獲得する豊かな空間と光が、そのまま観客の心を照らして励ますように感じられた」と絶賛していました。

声優陣には、星野源や高森奈津美、尾野真千子、サンドウィッチマンなど、豪華メンバーが揃っており、主題歌は『リリイ・シュシュのすべて』でもおなじみである歌手のSalyuが務めています。

2015年10月にTOHOシネマズ新宿で公開されて以来、全国13都道府県59会場でコンスタントに上映が行われています。また、今後も2018年5月26日(土)に水戸市七ツ洞公園(茨城)、6月23日(土)にTheater SPROUT(東京)、7月15日(日)に秋葉原ハンドレッドスクエア倶楽部(東京)で上映が予定されています。まだ鑑賞されていない方はぜひ足を運ばせてみてはいかがでしょうか。

プロジェクトURL:https://www.makuake.com/project/chieriandcherry/
『ちえりとチェリー』公式サイト:http://www.chieriandcherry.com/

The Grisaia Trilogy: Three Huge Visual Novels for PC

Kickstarterで実施されたThe Grisaia Trilogy(グリザイア・トリロジー)は、『グリザイアの果実』というビジュアルノベルの英語版を作るプロジェクトです。『グリザイアの果実』は、2014年10月から12月まで、バンダイチャンネルやニコニコ動画で放送されたアニメであり、フロントウイングより発売されたPC用アダルトゲームが元となっています。募集初日でいきなり17万ドル(1,830万円)に到達し、あっという間に目標額をクリアしました。

『グリザイアの果実』は、学園ストーリーではあるものの、キャンプに行く途中バスが遭難し、サバイバル生活を送るといった展開や、死んだペットの犬のみんなで食べるシーンなど、かなりハードな内容も含まれています。

今回のプロジェクトにおいて集めた支援金は、翻訳費用(40%)、ライセンス料(30%)、発生および生産費用(20%)、手数料(10%)に充てられており、目標額を超過した分については、PC版以外のプラットフォームでの販売に向けた活動やグッズ展開などに利用されたとのことです。

プロジェクトURL:https://www.kickstarter.com/projects/sekaiproject/
アニメ『グリザイアの果実』公式サイト:http://www.grisaia-anime.com/kajitsu/

MECHA-UDE: Japanese Animation

本プロジェクトは、TriFスタジオによる完全オリジナル作画アニメーション作品『メカウデ』の製作を実現したものです。CAMPFIREを通じて行われたこのプロジェクトでは、約25分間のアニメーション製作のための資金を募っており、『メカウデ』は、将来的にシリーズ化を目指し、プロジェクトが進められました。

『メカウデ』は、北九州市をイメージした架空の都市「キタカガミ市」を舞台に作られたアニメで、『デュラララ!!』の豊永利行や『銀魂』の杉田智和、『Go!プリンセスプリキュア』でおなじみ嶋村侑などが声優として起用されています。

今回の製作プロジェクトでは、Kickstarterで6.7万ドル(720万円)を集め、また、CAMPFIREでも「オリジナルアニメ『メカウデ』パイロットエピソード制作プロジェクト」として、パイロット版のための資金調達が行われ、4,849,500円を集めることに成功しています。

プロジェクトURL:https://www.kickstarter.com/projects/776779891/
メカウデ-mechanical arms-公式サイト:http://mecha-ude.com/

NEKOPARA Anime OVA

同人サークルNEKO WORKsによるPC用ビジュアルノベルゲーム『ネコぱら』のアニメ化企画が、2016年12月からKickstarterで開始。わずか42分で目標額の10万ドル(約1,070万円)に達し、最終的には1億円以上もの資金を集めた巨大プロジェクトとなりました。

ネコぱらは日本在住のイラストレーター・さよりが企画&制作した、可愛い人型のネコたちと一緒に暮らすビジュアルノベルゲームのシリーズです。もともとはさよりが描いていた同人誌をゲーム化したいという夢を叶えるための企画でしたが、予想よりはるかに多くの方々がプレイしたことから、全世界で大好評となっています。

今回制作された『ネコぱらOVA』は、Kickstarterでクラウドファンディングを実施し、Kickstarterのアニメーション部門では金額ランキング一位を達成し、1,047,741ドル(1億1,300万円)を集めることができ、制作に至りました。

プロジェクトURL:https://www.kickstarter.com/projects/sekaiproject/
『ネコぱら』公式ウェブサイト:http://nekopara.com/main.html

今回はクラウドファンディングを活用したアニメ関連にプロジェクトについて紹介しました。ネットアニメ、テレビアニメ、アニメ映画など、一口に「アニメ」と言ってもメディアはバラバラですが、1本作るだけでも高質な技術が求められるため、制作費がかかるのは確かです。特にアニメやゲームのクラウドファンディングでは、アーティストが手がけた公売されていないようなレアなアニメグッズが送られることもあり、ファンには喜ばしいリターンが多く揃えられています。既存のファンを満足させられたり、作り手が魅力的であることで、多くの支援者のもとアニメが制作できるのではないでしょうか。

関連記事

レアなアニメグッズが手に入ると話題になったクラウドファンディングまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

あなたの想いやアイディアを実現してみませんか?

クラウドファンディング「ENjiNE」は、あなたの想いやアイデア、事業プランなどを、プロジェクトとして公開し、プロジェクトに魅力を感じる賛同者(ファン)と資金を事前に集めることができる、世界初のチケット購入型クラウドファンディングサービスです

世の中でまだ実現していない新しいサービスや商品を生み出そうとしている人(プロジェクトオーナー)がプロジェクトを掲載し、そのプロジェクトに関連するサービスや商品を受け取る権利をチケット形式で販売しています

資料請求をする

SNSで最新の情報を受け取る