イタリアリーファーワインとお料理&
本場イタリアのオペラを楽しむ完全招待制ワインパーティ

クラウドファンディングプロジェクト:イタリアリーファーワインとお料理&本場イタリアのオペラを楽しむ完全招待制ワインパーティ
実施確定
  • 残り時間
  • 売れたチケット数
    11
  • 集まっている金額
    ¥223,000
55%
目標金額 ¥400,000
このプロジェクトは実行確約型です。
ワインは温度管理が必要な「生鮮品」であることをご存知ですか?20°Cを越えると渋みや苦み、二日酔いの原因物質が生まれます。つまり、厳格に温度管理されなければ、本来の味を楽しむことはできないのです。その違いは明瞭。1,800円のものにすら、ワイン観を変える驚きがあります。その価値を感じていただくため、イタリアの「リーファーワイン」が堪能できる完全招待制のパーティを開催します。開催予定日:2017年5月20日(土) 18:30~21:00(18:00開場)
気になったら
いいね!
    • これがワイン本来の味わい。ワイン観を変える、本当の価値。

    • 福昌がリーファーワインを取り扱うようになった理由は、私たち自身が、飲んだ瞬間に感じた驚き、よろこびに魅了されたからです。それは、ワインそのものの印象さえ変えてしまう「澄みきった味わい」でした。舌をやさしく撫で、喉を滑り降り、体の中に自然に染みいるような......。渋みや苦みは一切なく、いくらでも飲めそうな、フレッシュな味。それは衝撃的な体験でした。 そしてそれこそが、ワイナリーがめざし、味わってほしいと願う、ワイン本来のおいしさなのです。リーファーワインは、まだ日本ではほとんど知られていません。私たちは、ワイナリーの情熱と、ワインの本当の価値を、ワインの鮮度を守ることを通して、日本の食卓にそのままお届けしたいのです。




    • 絶品のイタリア料理とともにワインを堪能できる、リーファーワインパーティにご招待。

    • リーファーワインの魅力を感じるには、ノンリーファーと飲み比べていただくのがいちばんです。今まで何度かの試飲会を開催しましたが、多くのお客さまが一口でその違いに驚かれました。また、フレッシュで澄んだ味わいのリーファーワインが、料理とどれほど引き立てあうのかも実感していただきたい。その想いから、表参道のイタリアンレストラン「BIANCA(ビアンカ)」にて試飲会を兼ねた「リーファーワインパーティ」を開催します。
    • 開催概要

    • 【日時(予定)】2017年5月20日(土)18:00開場 18:30〜21:00
      【場所】BIANCA(ビアンカ)(東京・表参道)
      東京都渋谷区神宮前5-10-1 GYRE 4F
      [東京メトロ]明治神宮前駅 <4番出口>徒歩4分/表参道駅 <A1出口>徒歩7分
      [JR]原宿駅 <表参道口>徒歩7分
      【料理(予定)】前菜2種、パスタ2種、肉料理1種、ワイン8種以上
      ※仕入れ食材の状況により内容が変更になる可能性があります。


    • 表参道を眺めながら、ワインとの新しい出会いを。

    • 「BIANCA(ビアンカ)」は、表参道を見おろすロケーション。オーセンティックなイタリアの郷土料理をご用意します。ご提供は、ブッフェスタイルで。それぞれの料理に、アビナメントしたワインをご用意します。特別に、一般未発売のオーガニックスパークリングワインも開封します。リーファーワインとの新しい出会いを通じて、心から、食の楽しみをご堪能ください。

      ※掲載の写真はイメージです。


    • 個性的な8種類のワインをご用意。アビナメントをお楽しみください。

    • 肉料理、魚料理、野菜料理から、チーズやドルチェまで。様々な料理との相性を持ったワインたち。その豊かな個性に、きっと驚かれるはずです。




    • 本場イタリアで活躍するオペラ歌手によるミニライブも開催。

    • リーファーワインパーティでは、さらに心地よい時間を五感で感じていただくため、ミラノで活躍する日本人オペラ歌手の来日ミニライブも開催します。眼と舌だけでなく、耳でも楽しんでいただけます。

      ◆オペラ歌手:桜井 万祐子 さくらい まゆこ
      愛知県出身。ミラノに拠点を置き、アルベルト・クピード、黒田安紀子両氏のもとで研鑽を積む。これまでにイタリア・アスティ歌劇場、ローマ・サンパオロ大聖堂、ペザロ・ロッシーニ歌劇場、ドイツ・ボン歌劇場、Bunkamuraオーチャードホールなど、世界各地でオペラやコンサートに出演。三枝成彰作曲「Jr・バタフライ」への出演を機に日本での活動も本格化している。

      ◆ピアノ:吉川 寛子 よしかわ ひろこ
      東京都出身。2才からピアノ及びリトミックを始める。大使館関係者等の国内外の子どもから大人まで幅広い生徒を指導する。クラシックとクラシック以外の音楽の融合と楽しみながらピアノを習得しつつ、コミュニケーション能力や、スポーツ、脳の発達に役立つレッスンに力を注いでいる。現在 白金高輪ピアノ教室及びHIROKO PIANO SALON主宰。アーティストとのコラボレーションコンサートも多い。

      ◆衣装:小林栄子 こばやしえいこ
      美・JAPON理事長 / コスチュームデザイナー
      「光と風と想い出を纏うコスチューム」をコンセプトに、アンティーク着物の元の有り様を生かしたコスチュームの製作をおこなう。五感を通して日本文化を伝えるという想いのもとNPO法人 美・JAPONを立ち上げ、「天空」「beyond kimono」など様々なアーティストと舞台を創作し、国内外での活動を続けている。







    • 「一口で、違いがわかる」。体験者の、驚きの声。

    • 【イタリアで飲んだのと同じ味わいに感動】
      「イタリアに旅行したときに飲んだのと同じ味がした。旅の記憶や感動が蘇った」
      「イタリアにしばらく駐在していた。ワインが美味しく、よく飲んでいたが、日本で飲むと味が全然違うので、現地の友人に送ってもらっていた。福昌のワインはイタリアで飲んだのと全く同じ味だったので、友人に頼むのを止めた」

      【ワインが苦手だったが、その美味しさに気づかされた】
      「ワインはたくさん飲めないし、悪酔いしやすいと思っていたが、口当たりも喉越しもいいし、次の日にも残らなかった」
      「今まで、赤ワインはちょっと我慢して飲むものだった。初めて素直においしいと感じられた」
      「お酒は苦手だったはずなのに、ジュースのようにすーっと飲めた」
      「いままでワインに感じていた重たい感じ、ひっかかる感じがなく、どんどん飲めてしまった 「フレッシュで、ぶどうが強く感じられて、今までのワインは何だったのかと思った」




    • ワインは「生鮮品」。温度管理をしなければ、本当の味がわからなくなる。

    • ワインの鮮度について、もう少し詳しくお話ししましょう。
      「ワインは生鮮品」。ぜひ憶えていただきたい事実です。ワインの天敵は気温の変化。高温にさらされると、ワインの品質は変化してしまいます。ワインが日本に輸送される手段は主に海上輸送であり、赤道を2度通過します。気温が40°Cを越える時もあります。温度管理されていないコンテナを使用すると、内部の温度が大きく上昇するため、味や品質が劣化するのです。




    • 20°Cでワインは変質する。ご自宅にお届けするまで15°C前後の温度管理を徹底。

    • ワインは、20°Cを越えると風味の劣化がはじまります。その際、劣化の原因になる酸化物質が生まれ、二日酔いを引き起こすアセトアルデヒドも生成されると言われています。
      福昌では空調設備を備えた定温管理のできるコンテナを使用します。さらに、イタリアの内陸輸送、日本での保管も定温で行い、24時間15°C前後を徹底して保ちます。
      残念ながら、日本で飲まれているワインの中には、温度管理がされていないものもあります。例え、リーファーワインと銘打たれたワインでも、店頭で常温にさらされれば結局変質してしまいます。福昌のワインは、輸送・保管のすべての行程で徹底的に定温管理され、鮮度が保たれています。ご家庭や店舗にお届けする際にも、外気の影響を受けない特別な包装でお送りしています。




    • 温度管理をしないワインは輸送中に大きく温度が変化。40°Cを越えることも。

    • グラフで比較してみると、ノンリーファーの場合、輸送中に大きく温度が変化していることがわかります。ワインの変質がはじまる20°Cをはるかに上回り、40°Cにも達しています。




    • 日本初、プライベートセラー&リーファーワイン専門店を開店。

    • 愛知県名古屋市の八事に、日本初のプライベートセラーを備えたリーファーワイン専門店「FUKUMASA WINE&CELLAR」を開店しました。リーファーワインを広げるひとつの拠点として、ワイン好きが集まるサロンとして、気軽にお立ち寄りいただける場所を目指しています。




    • 膨大な品種が生み出す多様な味わい。ワイン大国イタリアの、個性的なワイン。

    • 私が扱うのは、イタリアでつくられたワインです。イタリアのワイナリーを巡ると、その個性の豊かさに驚かされます。その理由は、イタリアの気候。国土のほぼ全域が温暖で、葡萄の栽培に適しています。イタリアにある20の州のすべてで、ワインの生産が行われており、葡萄の品種は、驚くことに数千種類に及びます。土着品種と呼ばれる、その土地にしかない品種も豊富。訪れるたびに新しい発見があります。




    • 食事と合わせることで、完成する。独自の美学に磨かれた、イタリアワイン。

    • ワインの味は、気候風土と葡萄の品種によって変わります。品種が多様なイタリアワインは、それだけで千差万別の個性を生み出す可能性を持っていますが、さらに造り手も多種多様です。自分自身が最も良いと信じる方法でワイン造りをしています。

      その中から生み出されるイタリアワインの最大の魅力は、アビナメント(ワインと料理との相性)にあります。多様だからこそ、様々な料理に合わせて選ぶ楽しみがある。「食事をさらにおいしく、華やかにしてくれる。ワインは、食事と合わせることで完成する。」これは、イタリアワインの根底に流れる思想です。そのよろこびを、日本の食卓へも届けたい。それが、我々がイタリアワインを取り扱う、いちばんの理由です。

      福昌では、イタリアワイン、そしてリーファーワインを30年以上取扱い、日本におけるパイオニアである輸入元AVICOの阿掛氏が強力にバックアップ。足繁く現地に通い、多くのワイナリーと交流を持つ実績と経験から、確かな味わいのワインを、厳選してお届けします。
      • お客さまの大切なワインを、1本から、丁寧にお預かりします。

      • 「FUKUMASA WINE&CELLAR」にて、お客さまのワインを1本からお預かりします。受付・発送は日本全国に対応しております。ネットやお電話からもご依頼ください。厳重に温度・湿度を管理したセラーに保管し、日常の、特別な日の、その幸福な瞬間に、フレッシュでピュアなワインをお届けします。
        ご自宅だけでなく、レストランなど、依頼された場所へのお届けも承ります。




      • ワインの本当のおいしさを、あなたのもとへ。すべての食卓へ。

      • ワインは身近な飲み物ですが、その本来のおいしさが知られていないのは、悲しいことです。定温管理されたワインは、現地で飲むフレッシュなワインの風味や、作り手の想いをそのままあなたのもとで表現してくれます。日本に流通するワインを、もっとおいしくしたい。それを通して、食事をもっと楽しくし、日本の食文化に貢献していきたい。リーファーワインの市場を広げる取り組みに、どうぞご支援をお願いいたします。
      • 新着情報

        新着情報はありません。
      • コメント
          コメントはありません。

      プロジェクトオーナーのプロフィール

      95d8a8142b9de77994b7bc5425ab3043ef21b81a

      株式会社福昌 代表取締役 安居亮治

      初めてリーファーワインを飲んだとき。1,800円のワインが、それまで日本で口 にしたどのワインよりもおいしく感じられました。あの、体に染みいるよ うな感動を、多くの方に感じていただきたい。前職では、某大手化粧品会社の新規事業開発や商品企画・宣伝の仕事に携わり、商品ブランドのマネージャーとして、新しい市場づくり を担当していました。その経歴を活かして、日本のワイン市場に、新しいカテゴリー、新しいよろこびを広げていきたいと思っています。
      お問い合わせ
      販売チケット

      販売チケット一覧